商談時にはボイスレコーダー型の小型カメラ

腕時計型カメラであなたの欲しい動画を手に入れるための使い方&テクニック

腕時計型カメラ

いつも腕に装備して小型カメラを持ち歩けることで、突発的なトラブルや様々な証拠収集などの記録を収めることできる人気の腕時計型カメラだが、撮影方法にはテクニックが必要となる。

普段腕時計を腕に着けている方なら想像できると思うが、撮影する際に腕時計の文字盤面に仕込まれた小型防犯カメラ部分を対象物へ不自然に向けると相手に不自然な行動に気付かれるリスクが大きい。そのような使い方は避けた方がいい。

腕時計型カメラの多くの機種がクログラフ風の外観で、よほどじっくりと見ない限り文字盤部に、レンズが仕込まれていることに気付く人はいないほど、よくできている隠しカメラだが、このようにカモフラージュ性に優れたカメラも、不自然な行動や使い方で撮影するとばれないカメラがばれてしまう結果になるので注意が必要だ。

授業を1回サボれば50ドルの損、高くつく無断欠席

[ニューヨーク 26日 ロイター] - 学期を通じて授業の出席率が下がっていくなか、ある教授は、自らの地学専攻の生徒300人に授業を無断欠席することの損失をどのように計算すべきかを教えている。

USBメモリ型カメラ

生徒が州内出身かどうかにもよるが、授業の無断欠席は1回当たり50─70ドル(約5500─7700円)を無駄にする、とマサチューセッツ大学アマースト校のジュリー・ブリガム・グレッテ教授は試算する。

「授業に出ないことで、どれほどのお金を無駄にしているのか生徒は理解する必要がある」と同教授は語る。「50ドルの授業となれば、それほどのお金をトイレに流して捨ててしまったのかと彼らは考えるべきだ」

隠しカメラと自己報告を活用したハーバード大学での2014年の研究によれば、すべての授業の平均出席率は、たったの60%だったという。出席率は学期が進むにつれて減少し、学期初めは79%だったのが、学期終わりには43%に下がったという。

自分では不自然な動きをしているつもりはなくても、相手から見れば不自然に見えることもあるので、鏡の前で撮影練習をすれば、撮影テクニックの精度を向上させることができるので、ぜひ撮影実践前に練習して不自然にならない撮影方法を習得してもらいたい。スパイカメラとしての腕時計の機能を最大限に活かすのもあなた次第だ。

盗撮カメラ

キーレスカメラは簡単・便利で高性能

キーレスカメラが発売されてから約5年が経過しますが、最新のキーレス型カメラの性能は素晴らしく高品質です!
徹底的に小型化されている上に、デザインも完璧にカモフラージュ!録画操作も簡単で、高画質!動画の動きもスムーズで文句のつけようがありません。更にバッテリーも良く、他のスパイカメラと比較してかなりの長時間録画が可能!

関連サイト

http://altoholicsanonymous.com/blogs/post/9

http://blogs.psychologies.com/bouhannstore/


[PR]
by bouhannstore | 2016-05-31 15:41 | 隠しビデオカメラ
<< 妨害装置の電波は本当に“微弱”... 2016年大人気GPS専用電波... >>